FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

優っくりデイサービス 弥生

~人は城,人は石垣,人は堀。弥生は味方,仇は敵なり~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

職員の一言から。 

和田行男先生の認知所研修での1シーン。





話題は、ある事件の内容だったという。(内容は↓参照)

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20130829075709905





和田先生は、この事件を受けて・・・





「縛れば拘束といわれる時代で、縛らなければこの事態。自由とはいったい、なんなんだろうか」






というような内容の発問を






研修受講生に投げかけたという。







その報告を耳にしたとき。








私は、昔読んだことのある






短い物語を思い出した。






ここで少し紹介したいと思う。



-----------------------------------------------------------------


ボクはおとうさんと山奥の村で幸せに暮らしていました。








毎日畑で採れたトウモロコシとイモを食べて、川で魚を捕まえ、山で鹿を狩り、一日中一緒に過ごしていました。









しかしある日、村にボランティアというやつが来ました。そのボランティアはニホンという海の向こうから来ました。









そして、ボランティアはボクたちにこう言いました。
「トウモロコシとイモばかり食べていたら栄養不足になる。これからはヤサイを育てて食べなさい」








その日からおとうさんはヤサイを育てるために、一日中畑で働かなければならなくなりました。








トウモロコシとイモは育てるために手間はかかりませんが、ヤサイは毎日世話をしなければいけません。







おとうさんと一緒に川で魚を捕まえる時間はなくなりました。







食事にはトウモロコシとイモの代わりに、ヤサイが出てくるようになりました。








ヤサイとは、葉っぱが何枚も重なった丸い草やとても苦い緑色の実でした。








ヤサイは初めて食べる味と触感で、また食べたいとは思いませんでした。








それに我慢してヤサイを食べても、トウモロコシとイモと違ってすぐにお腹が空いてしまいます。








またボランティアが来て、言いました。








「君たちは貧乏で何もモノを持っていない。次はヤサイを売ってお金を稼ぎなさい」








おとうさんはヤサイを売るために、毎日町と村を往復しなければならなくなりました。







しかも、今までは自分たちで食べる分だけのヤサイを育てていましたが、これからは売るためにもっとたくさんのヤサイを育てなくてはいけません。







おとうさんはヤサイを売ったお金でテレビを買いました。








しかし、おとうさんと一緒に山で鹿を狩る時間はなくなりました。






ある日、またボランティアが来て言いました。
「もっと幸せになりたかったら、もっと働いてもっとお金を稼ぎなさい」








おとうさんは一年中お金のことを考えるようになりました。今は昔よりもたくさんモノが家にあります。







しかし、もうおとうさんにボクと一緒に遊ぶ時間はありません。







ボクのことを考える時間もありません。







おとうさんは朝早くから夜遅くまでお金を稼ぐために働いています。







その様子を見て、ボランティアが満足そうに言いました。
「この山奥の村も、ようやく幸せな暮らしに変わった」








ボクの大好きだったおとうさんはもういません。








ボクの大好きだったお父さんはボランティアに・・・・。









めでたし、めでたし?





----------------------------------------------------------------------




という、たとえ話。






「めでたし、めでたし?」





という問題提起・発問が




とても印象的だな~と思い、




今でも鮮明に記憶に残っている。






なんとなく、








ボランティアを私たちに置き換え








お父さんをご利用者に例えるならば。







日々提供している介護サービスを見直す






そんなきっかけになるのかと。







今の積み重ねが、








いつの日にか、







めでたし、めでたし!






へと変わりますように・・・★





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*弥生高齢者在宅サービスセンター
http://yayoi.foryou.or.jp/work.php?id=w015


*優っくりデイサービス 弥生(弥生高齢者在宅サービスセンター 認知症対応型通所介護)
http://yayoi.foryou.or.jp/work.php?id=w065





-----------------------------------------------------------------------------------


                      優っくりデイサービス弥生 川久保 圭祐














スポンサーサイト

Posted on 2013/10/31 Thu. 22:05 [edit]

category: 職員kkの優っくり日記

TB: 0    CM: 0

31

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://yukkuridayyayoi.blog.fc2.com/tb.php/5-2fd8c9c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。